仮想通貨(暗号資産)詐欺の内容とは!?

近年,仮想通貨(暗号資産)についての詐欺被害,消費者被害が急増しています。

ビットコイン(Bitcoin)やイーサリアム(Ethereum)などの仮想通貨(暗号資産)が急激に値上がりし,市場規模が拡大することにより,仮想通貨(暗号資産)やその投資への世間の関心が高まってきています。

これに付随するように,詐欺業者の仮想通貨(暗号資産)の世界への参入も増えてきています。
既に、仮想通貨(暗号資産)の取引所経営者が詐欺罪で逮捕される事件や,仮想通貨(暗号資産)の販売業者が消費者庁から特定商取引法違反により業務停止命令をうける事件などが起こっております。

・絶対に儲かる
・ICO(Initial Coin Offering)が確実である
・元本保証があるから安心だ
・友人を紹介すれば紹介報酬を得られる


などと,甘い言葉に騙されて投資した結果,「投資したお金が返ってこない。」「相手と連絡が取れなくなった。」というような被害が増えてきております。

仮想通貨(暗号資産)の詐欺被害や消費者被害にあったかも!?と
心当たりのある方は,弁護士による無料相談をおすすめします。

Bio

弁護士 若林翔

弁護士法人グラディアトル法律事務所代表弁護士。
東京弁護士会所属(登録番号:50133)
男女トラブルや詐欺、消費者被害、誹謗中傷など多岐にわたる分野を手掛けるとともに、顧問弁護士として風俗やキャバクラ、ホストクラブなど、ナイトビジネスの健全化に助力している。