弁護士だからできること

詐欺被害・債権回収において重要なことは、相手方を調査し、証拠を収集した上で、優位な立場で相手方とコンタクトをとることです。
以上につき、弁護士だからできることを説明いたします。

1.相手方を調査する〜弁護士会照会〜

弁護士は、依頼を受けると相手方の調査を行います。自身の持つ知識や経験から、法の下ありとあらゆる手段を駆使します。ある意味、弁護士の力が発揮されるところともいえます。
しかし、それとは別に弁護士だからこそ行えることがあります。その最たるものが『弁護士会照会』です。
弁護士会照会とは、弁護士法第23条の2に基づき、弁護士会が、官公庁や企業などの団体に対して必要事項を調査・照会するものです。
本来、個人情報は保護されており一般の人が簡単に教えてもらえるようなものではありません。しかし、弁護士は「弁護士会照会」を行うことで、より多くの情報を得ることが可能になります。
弁護士のみに使うことが許された強力な武器の1つです。

2.証拠の収集

まずは依頼者から提供いただいた資料一式を精査します。依頼者にとっては何の意味もなさないと思っていたものが、弁護士からみると重要な証拠であったりすることもあるからです。
また、相手方以外に関係者がいる場合には、弁護士から書面や電話等で問い合わせたり、上述した弁護士会照会を行うなどして、証拠を集めていきます。依頼者自身が問い合わせても提供してくれなかったものが、弁護士から問い合わせることで提供されることは多々あり、これも弁護士だからできることの1つといえます。
さらに、最近においてはインターネット上の情報が証拠となることもあります。こちらも知識と経験がなければ、証拠になるかどうか判別がつきませんので、弁護士ならではのものでしょう。
以上のように、何が必要な証拠となるかを判別し、現実に収集できることは、弁護士の強みです。

3.優位な立場で相手方とコンタクト

そもそも弁護士から相手方にコンタクトをとること自体が、弁護士だからこその強みです。法の専門家である弁護士に対して、法的に意味をなさない主張や言い訳をしてきても排除できるからです。
また,コンタクトをとる前に、相手方の調査と証拠の収集を終えています。ですので、そこから相手方の弱みを知っている点や反論を事前に想定できている点で、交渉を優位な立場で行えるのも弁護士だからできることといえます。

最後に

詐欺被害・債権回収において最重要なのは『財産を取り戻す』という結果です。精通した知識・経験にくわえ事前の準備もなく相手方とコンタクトをとっても、財産を取り戻すことはまず叶わないでしょう。
詐欺被害・債権回収について精通した弁護士が交渉することで、自らで行うよりも財産を取り戻せる可能性は高まります。

そもそも弁護士に何か依頼する機会など滅多にありません。依頼は初めてという方が大半です。どうしていいかわからないでしょうし、弁護士費用のことも不安だと思います。
グラディアトル法律事務所ではそんな相談者のために、初回無料相談を行っています。その際、どのような解決方法があるかの提案を丁寧にご説明します。また費用に関しても相談者の方の状況や事情をきちんと加味し最適なプランのご提案を行います。
※費用に関してはコチラご覧ください

・関連項目を読む

詐欺被害に合ったら
→ 解決までの流れ
→ 事務所、弁護士選びの重要性